初体験、友人との体験、年上の女性とのおねショタ体験、人妻との不倫体験、近親相姦体験、痴漢、覗き、レイプ、乱交体験等、萌えるエッチな体験談を集めています

タグ:長編

1 / 5 】 【 2 / 5 】 【 3 / 5 】 【 4 / 5 】 【 5 / 5

846えっちな18禁さん2014/02/04(火)14:00:23.33ID:TLeMq9eS0
おまたせしました。昨日の話です。
昨日は節分の為、両家で豆まきを行いました。俺は仕事で少し遅くなる為、早番のダーが鬼の役。気合を入れて鬼の準備をしてた模様www
皆、我が家で俺の帰りを待っててくれたんですが、家に帰った時の可奈子の笑顔が特にまぶしかったですwww
不思議とダーに対する罪悪感は思ったほどありませんでしたが、逆にそれが自分のおろかさを物語っている気がして少し凹んだ。
皆で恵方巻きを東北東を向いて食べ、その後、ダーが鬼の準備をする必要があるので、俺と可奈子と一緒に買い物に行くという名目で家を出た。
ダーの赤鬼は可奈子すらまだ見せてもらっていないらしく、準備に時間が掛かるというのでその間、俺と可奈子は買い物。
嫁は子供たちに気を逸らす為に遊ばせる役。そしてタイミングを見計らって連絡を取る役だった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 / 5 】 【 2 / 5 】 【 3 / 5 】 【 4 / 5 】 【 5 / 5

772えっちな18禁さん2014/01/28(火)10:16:54.02ID:/SWrWKGR0
ご無沙汰しております。少し前に隣人に兄さんと呼ばれていた者です。
少し進展があったので報告というか、ご意見頂ければと思うのですがよろしいでしょうか?

777えっちな18禁さん2014/01/28(火)14:02:02.87ID:/SWrWKGR0
相変わらず、あれ以降可奈子との身体の関係はありませんが、以前より親密感が増しているような気がします。
可奈子からメールが来ていたという所までお話したと思うんですが、それ以降頻繁になり先週は毎日メールしてました。
義母が入院をしたので、嫁と子供はちょくちょく実家にいってるんですが、その間はよく隣家で晩飯を頂いてました。
毎回というのは心苦しい面もあり、外で食べて帰ろうと思ったりもしたんですが、先に手を打たれるというか、嫁にまで了承されてて(嫁と可奈子はメル友)、まぁ、拒否る必要も無いかということでお邪魔してました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 / 5 】 【 2 / 5 】 【 3 / 5 】 【 4 / 5 】 【 5 / 5

700えっちな18禁さん2013/12/27(金)10:17:01.00ID:KXfaS7TJ0
可奈子の件の俺です。
すいません、年末なもんで仕事が忙しくて来れませんでした。
一応簡潔ですが終わりまで行きます。
その後もあるのでそれは番外編でも。ちなみにここからはエロ殆どありませんのであしからず。

701えっちな18禁さん2013/12/27(金)10:19:46.50ID:KXfaS7TJ0
翌朝、きつい体を押して仕事に向かう。腰は痛いわ眠いわでその日は大変だった。
昼飯時に改めて膣内射精をしたことに不安を覚え後悔しだしていた。安全日と言われようが、酒が入っていようが、俺の意志が弱く誘惑に負けてしまっただけだ。
この冒険の代償は高く付くかも知れない。得も言えぬ不安感、そして嫁に対する罪悪感が襲った。あれだけノリノリでしてしまった自分の軽薄さに悔いた。
そういえば可奈子からは何の連絡もない。流石に子供もいるからおきてはいるだろう。可奈子は昨晩の自らの痴態をどう考えているのだろうか。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 / 5 】 【 2 / 5 】 【 3 / 5 】 【 4 / 5 】 【 5 / 5

654えっちな18禁さん2013/12/19(木)14:59:49.70ID:+rWb0lEa0
俺は可奈子にキスをした。可奈子は待っていたとばかりに迎え入れてくれた。猛烈に舌を絡め合い、酒臭さの残るお互いの口内を味わいあった。
舌を絡めながら胸を弄ると、可奈子は身を捩りながらそれでも口を離すことはなかった。
思い切ってシャツの裾から手を突っ込み直に触る。凄いボリュームであることが確認できた。揉んでみると少し張りはあるようだが独特の柔らかさだ。
強く揉んでみたり、乳首を転がすように揉んでみると掌にじんわり水気を感じる。母乳が染み出してきたようだ。よかった。ピューピュー飛び出してきたらどうしようかと思っていた。
相変わらず舌を絡めながら、シャツの裾を持ち上げていくと可奈子は起用に片手ずつを袖から抜いた。首から抜く時だけ口を離し、俺が舌を出すとそれにしゃぶりついてくる可奈子。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 / 5 】 【 2 / 5 】 【 3 / 5 】 【 4 / 5 】 【 5 / 5

613えっちな18禁さん[sage]2013/12/16(月)15:21:06.96ID:m16Iwi3f0
2ヶ月前に新築マンションに引っ越してから隣の奥さんと仲良くなったんだけど、別板にカキコしたら反応無かったんでこっち書いていい?初心者だけど。

615えっちな18禁さん[sage]2013/12/16(月)16:47:54.56ID:m16Iwi3f0
うちの引越し業者が隣の室外機カバーを壊したのが切欠で謝罪兼挨拶に行ったんだ。
粗品持って、嫁子供と業者連れて隣に行ったら、隣も夫婦子供の核家族。まずは謝罪と業者の弁償になる事を話
粗品を渡して、「初っ端からすみません。これからもよろしくお願いします」ってな感じだ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 / 8 】 【 2 / 8 】 【 3 / 8 】 【 4 / 8 】 【 5 / 8 】 【 6 / 8 】 【 7 / 8 】 【 8 / 8

彼女が高二の夏。専門学校時代の友達が結婚。仲良い友達だから俺と彼女二人とも呼んで貰った。
新郎は大卒組で年上、色々お世話になった方。新婦は彼女が俺の携帯でメールの遣り取りしてる友達。
俺も彼女も結婚式に出た事無くてどんな物か知りたくて、行くと即答。早速準備始めた。
遠いのと夜遅くなるから一泊の予定、宿の最終決定は彼女に一任。彼女の式服買いに行って完了。

当日式場で学校の友達と合流。彼女は速攻で捕まって、化粧室連れ込まれて顔塗られてた。
出来上がって戻ってきたら薄いピンクの口紅が妙に艶めかしくて変に動揺して。大概冷やかされた。
式の最中、彼女が俺の手を持って「いーなぁ。」引っ張ったり揺すったりしながら繰り返して。
その場では式や結婚に対する憧れが強いんかなぁとか漠然と思ったけど、微妙にズレていた。
俺は二次会の開始時に知った、新婦の懐妊。彼女の「いーなぁ。」はそれに向けての事。
「赤ちゃんいーなぁ。」心底羨ましそうな彼女に新婦が「頼めばいいのに。」無責任な言葉吐いて。
その場の雰囲気と酒の所為とで新郎新婦他全員がイケイケ状態。その場で決断を迫られた。
四年も付き合ってちゃんと意思表示しないのは駄目だと追いつめられた。半ばやけくそで、
「とりあえず婚約からお願いします。」みたいな事を言わされて。頷いた彼女、盛大に茹だった。
缶ビール一本で死ねる下戸なのにアホみたいに酒持って来られて祝いだとかって訳解らなかったし、
彼女まで飲まされて目真っ赤にしてるしで拒否るのに苦労。二次会終了でやっと解放されて。

このエントリーをはてなブックマークに追加

1 / 8 】 【 2 / 8 】 【 3 / 8 】 【 4 / 8 】 【 5 / 8 】 【 6 / 8 】 【 7 / 8 】 【 8 / 8

高校の入学式当日。俺は仕事。しかも夜勤明け。彼女は残念がったけど出席出来なかった。
色々あって家帰れたのが一時。夕方六時頃に彼女が顔触ってるのに気付いて、目を覚ました。
ヒゲ触ってる手止めさせたら
「おはようございます。」
「おはよ。」眠気はまだあったけど起きて。
彼女はまだ制服着たまま。きちんと着た姿は初めて。突然大人びた感じがして、違和感すら感じた。

彼女がかわいいと言った制服は、公立校にしては派手目な色使いで。田舎では珍しかった。
紺ブレザーと赤いタータンチェックのスカート。濃い赤地に細く斜めラインのネクタイ。
中学よりは校則緩くて髪結ばなくて良かったから、肩胛骨までの髪はおろしたままで。
見せたかったから着替えなかったと言って
「今日から高校生です。」
「うん、おめでとー。」
言わんとする事は解ってたけど気付いてないフリして。その時は彼女も笑っただけで。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 / 8 】 【 2 / 8 】 【 3 / 8 】 【 4 / 8 】 【 5 / 8 】 【 6 / 8 】 【 7 / 8 】 【 8 / 8

帰れなかった年末年始は、彼女とお婆さんの部屋で一緒に過ごした。
部屋暖かくして。こたつ入って。テレビ見ながら、年越しそば食べて。ごく普通の年末。
「ゆるい正月やね。」ぜんざい用の栗剥きながら、お婆さんが言ったのが印象に残ってる。
近所の神社で学校の友達と合流して初詣、そのまま新年会の約束してて。彼女も一緒で。
入院の後くらいから、見舞い来てくれた何人か彼女と仲良くなって。集まりにも呼ばれだして。
女の子達は俺と同年齢か少し上だから、彼女にはお姉さん的な感覚で世話やいてくれて。
今思えば、学校以外は殆どの時間を俺かお婆さんとしか過ごしてないってのは、普通じゃなくて。
人と会って話す機会が増えたのは、教育上?いい事だったのかなとも思う。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 / 8 】 【 2 / 8 】 【 3 / 8 】 【 4 / 8 】 【 5 / 8 】 【 6 / 8 】 【 7 / 8 】 【 8 / 8

専門学校二年目の俺には夏休みなんて物は無くて、実習と補講。休みはバイト。その繰り返し。
実習にも慣れて、とにかく事故だけ無いように終われればと緊張感は保っていたつもりだった。
けど実習終えて打ち上げやって、家帰って寝て早朝に変な腹痛起こして。救急車自分で呼んで。
何か普通じゃないと思ってたら急性膵炎で。即入院と絶飲食を言い渡されて。呆気にとられた。
空いてる大部屋が無かったから、差額無しで二人部屋に一人。点滴入れながら呆然としてて。
彼女に連絡入れたのは昼頃。いるだろうなと思って俺の部屋に自分で電話して。出てくれて。
入院する事になったと告げると、最初冗談かと思ったらしくて。なかなか信じて貰えなくて。
でも病院名と病棟、部屋番言うと信じて。「準備して行きます。」落ち着いた声で言って。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 / 8 】 【 2 / 8 】 【 3 / 8 】 【 4 / 8 】 【 5 / 8 】 【 6 / 8 】 【 7 / 8 】 【 8 / 8

夏休み前の実習終えると、暫く休み。貴重なバイトの時間。
ずっと使って貰ってた、建材屋さんでのバイト。リフト乗ったり、トラックの助手席乗ったり。
馬力があるからと、荷下ろし要員として結構待遇が良くて。居心地も良くて。
時間あれば八時半入り五時半上がり。働いてる実感があったし、昼弁当が出るのも、嬉しかった。

大量の運搬終わってやれやれって感じで事務所帰ってきた時、事務長さんがメモくれて。
「電話。女の子。」
え、って感じで受け取って。何か嫌な予感がして。電話借りてかけてみて。
電話番号は総合病院の内科病棟で。彼女とお婆さんの名前言ったら、彼女呼びだして貰って。
「どしたの?」
「おばーちゃん、入院しちゃいました。」
微妙に声、違って。
朝からフラフラするって言ってたから病院行くの進めたら、そのまま入院になってしまったと。
とりあえず顔出す。それだけ言って受話器置いて。早上がりさせて貰って、病院行った。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ