初体験、友人との体験、年上の女性とのおねショタ体験、人妻との不倫体験、近親相姦体験、痴漢、覗き、レイプ、乱交体験等、萌えるエッチな体験談を集めています

タグ:看護師

3年ほど前、19歳で肩を脱臼して一時入院したときの事。
2日ほど入院したのですが、3個のベットがある部屋で、
入れ替わりで人がいなくなり、たまたま2日目の夜が一人でした。
看護婦さんは2日では名前と顔が一致せず…。
AVみたいなことは起きね〜よな〜と一人、友達の差し入れたエロ本を
手にパラパラと読んでいたときのこと。
まだチンチンには手をつけずに読んでいただけでした。

そのときガラガラ、と30歳半ばの看護婦さんが入ってきました。
とりあえずバレてるとはわかっていつつ本を隠しました。
初日に紹介に来たのは覚えてるのですが名前が出てこず。
名札を見ようとしていると「覚えてないな!」といわれ、
正直に「すみません、わからないっす」と言うと、
「全く、Hなくせに女の名前を覚えないと口説けないぞ!」
と笑いながら近寄ってきました。(やっぱエロ本ばれてた、、、。)
「そうですね〜、でも口説いても無駄でしょ?」というと、

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

包茎手術で射精した話するわ

高校2年生の頃真性包茎だった俺は自宅のトイレで無理やりチンコを向いていた
頑張って向けたのだが、カリの下あたりでチンコが締まってしまい、皮が戻せなくなってしまった
その状態ではなんともなかったのだが、オナニーを試みたところカリの下がギューっとしまり戻らなくなってしまった
その夜は鬱血している痛みで眠れず朝一で病院にいくことになった

母親に鬱血しているチンコをみせるのは恥かしかったが、それどころではなかった
下半身露出した状態で診察台に寝かされ俺は男の先生にチンコを真上からギューって押され元の真性包茎に戻された
そしてこの場合保険がきくから手術しようよってことになり手術をすることになった

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

俺は大学3年の夏を病院で過ごした。
3週間の入院生活を送っていた。

その時に出会った、8個上のナースの
Aさんとのエッチな体験です。

Aさん『◯◯くん、最後の清拭だよ』
オレ『あ〜退院したくないですね』
Aさん『どうして?』
オレ『だって、Aさんに会えないから』
Aさん『そっか〜今日ねわたし1日病院いるから寂しくなったらナースコールして』

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

これは、私が大学に入ったばかりの頃の話です。

当時、受験によるストレスが原因なのか定かではありませんが、全身の皮膚炎に悩まされ診察に行ったところ、「学生で暇なんだし、ちょっと入院して本格的に直して見るか?」と進められて、1週間程度の入院をしました。

入院経験の無かった私は、少し不安でもありましたが、「高々皮膚炎だし話のネタにちょうどいいか。」くらいに考えていました。で、翌日からお気楽な入院生活を始めたのですが、そんなにお気楽なものではなかったのです。

入院初日に早速「○×号室のKさん、処置室までお越しください。」の放送に誘われて、処置室へ行きました。そこでは病棟の看護婦さん達2~3人が待ち構えていて、その内の一人が私に「じゃあ、その衝立ての向うで、服を脱いで、あっ、パンツも全部脱いでくださいね、それからこのガーゼで前を押さえてこっちに出てきてくださいね。」といいました。
当時童貞だった私は、思春期以降女性に裸を見られた経験がありませんし、前を隠してと言っても、ペラペラで15cm角くらいの情けない布切れです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

これは5年前に足の骨折で入院した時の事。
足の骨折以外悪いところは無かった為溜まってどうしようか悩んでいたら、当時同い年で仲良くなった看護婦A美が部屋の見回りに来て、
「何か困ってることは無い?」と聞いてきたので
「溜まってしょうがない!」とふざけて言うと
「じゃあ今夜Hな本持ってきてあげるね」
と言って部屋を出て行ってしまった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

私は50才になる既婚者です。相手は後から知ったのですが近所に住む30位のミユキさんという人妻です。今年の夏の事です。私は物流関係の会社で人事課長をしてまして、取引先の現場へ行った際、先方のフォーク作業員のミスによる製品の落下事故に巻き込まれ、救急車で運ばれ入院する怪我を負いました。

妻も大変心配し看病に連日来てくれましたが、出版社の仕事をしており、痛みも和らいだ五日目から出勤前とか短時間となりました。
私も寝たきりの生活に慣れると担当の看護師さんが綺麗でエロい体つきをしているのに気付いた。

セックスレスでオナ好きにはたまらない女性でした。名札から名前を○○ミユキとわかり検温などで来てくれるのを楽しみになりました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

入院した病院に、中学校の時の同級生Yがナースとして働いていた。
中学時代に付き合っていた彼女。
でも当時は中学生という事もあって、付き合ったと言ってもキスもした事なく、Yとは青春映画にありそうな清い交際だった。

でも高校受験とかで結局別れて、それ以来会っていなかった。

手術当日、腰椎麻酔のための浣腸をする看護婦がYだった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の体験、まえ面倒くさくて書かなかったけど今台風で家から出られなくて暇だから書きますわ

10年ぐらい前の自分が二十歳前後の頃、お腹の白斑(肌が白くなる病気)の治療の時の話
ヘソの下から陰部の上あたりまで出来た大きな白斑で、光を当てる光線治療をしていた

その頃から俺エロくて、可愛い看護婦さんになるべく下の方まで見せたかったわけだが、
最初はひかえめにズボンと下着を下して、
「もう少し下げてもらえますか」と言わせてからめいいっぱい下げていた。
(自分は見せたくないけど言われたから仕方なく、と思わせるため)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

俺が大学1年の時スキーで足を骨折して入院した。

1週間位した時、2人部屋だったけど俺一人しかその部屋は使ってなくて、ラッキーと思い、入院してから一度もオナニーをしてなくて、溜まっていたので、いつしようかと思っていた。
夕食も終わり、仰向けになって、掛け布団をはぎ、下半身丸出して擦っていたら、突然俺の担当の40歳代後半位の女性看護師がドアを開けて入って来た。
もはや隠すことも出来ず、いい訳も出来ない状態だった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

19才のとき、運悪く両手を骨折してしまい入院することに。
両手の骨折だったが、若くて回復も早いし、短期間の入院だった。
その間、3人の看護婦さんに色々な世話をしてもらっていた。
世話をしてもらうと言っても、よくAVなどであるような展開はない。
羞恥心への配慮はあるし、看護婦さんたちも暇ではないので短時間で世話を済ませる。

その3人の看護婦さんの中で、20代後半くらいの割りと綺麗な芝崎さんという看護婦さんとなんとなく波長が合い、すごく仲良く世間話などをする間柄になった。
とても清潔感がありスタイルのよい方で、テキパキと作業を手際よく進めるタイプの看護婦さん。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ