初体験、友人との体験、年上の女性とのおねショタ体験、人妻との不倫体験、近親相姦体験、痴漢、覗き、レイプ、乱交体験等、萌えるエッチな体験談を集めています

タグ:巨乳

5つ下の妹は発育が良くて、6年の時にもうCカップくらいあった。

妹も自慢したいみたいで、俺の部屋に来てキャミからおっぱいを出して、「ほら、結構大きいでしょ?」と言って見せるので、「揉んだらもっと大きくなるらしいで」と言うと、「ほんま?」と言って、それから自分で揉んだり、学校でも男子に揉ませたりしてたらしい。

そのせいか分からないけど、今中3で余裕でEカップあるらしい。

夏休みは家の中ではキャミだけで、大きい胸をブラブラさせて目に毒だった。

一度、風呂上がりに白いキャミで俺の部屋に来たので、乳首がぷくっと透けててめちゃエロい。

見てたら、「なになに、見たいん??」と笑うので、「おう」と言うと、「いいよ!」とキャミを捲った。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

当時の年齢は伏せておくが…
深夜番組のギルガメッシュというエロ番組をビデオに録画していた時代

家族にバレぬよう学校から帰ってきたら大急ぎで再生ボタンを押し
オナニーに明け暮れていた頃の話だ

深夜放送で乳首を放りだしたりしていた
だが、俺が一番見たいのは「今日のお勧めAVコーナー」であった
その辺から徐々におっぱい、セックスに興味を持ち女性を意識するようになっていた

とある日…ビデオを見ながらナニしている最中に
姉「ただいまー」と、姉が帰ってきた
俺は急いでチンポをしまい、リモコンで停止ボタンを押そうとしたが
何故かそういうときに限ってリモコンが行方不明となるバタバタしてやっと見つけ停止。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

オレは大学を卒業し、そのまま都会で就職したのだが、家の仕事を継ぐ為に久しぶりに地元へ戻ってきた。

そんなある日、コンビニで買い物をしていると「◯◯君?」と声を掛けられた。

振り向くとそこには小学生の頃からの幼なじみのアユミが立っていた。
下を見るとベビーカーが。
結婚の報告は聞いていたが子供がいる事は知らなかった。

オレ「子供デキたの?」

アユミ「うん・・・二人目!」

オレ「そっか・・・オメデト」

オレ達はコンビニを出て他愛もない会話をした。
聞くとこによると、彼女は離婚をして実家に戻り、今は保険の外交員をしてるらしい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

私が不倫している相手というのが、実は近所に住む家族ぐるみでお付き合いしている奥さんなのです。

その人は“千夏さん”と言い、私より3歳年上の36歳です。

千夏さんと不倫の関係になったのは、ある熱い夏の日でした。

小学校に通う娘の彩花と、千夏さんの娘さんと仲が良く、映画や遊園地などに一緒に付き添いをしたり、お互いの家にお泊りをしているうちに家族ぐるみでお付き合いするようになりました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校の同級生に千明(仮名)という子がいた。
少し太めだが、活発で可愛い子だった。
俺は中学校から別の学校へ行ったのだが、中三の時に偶然再会したら胸が巨大化していて、それ以来の気になる存在だった。
高一の時、付き合う事になったものの、何もしないまますぐに破局。
高三で再会し、流れでキスだけしたという微妙な関係だった。

それから幾年が過ぎ、22、3歳の頃、夏に同窓会があった。
久しぶりの千明はとにかく胸と尻が巨大でセックスアピールの塊だった。
身長は165センチで、デブ寸前のムチムチ体型である。
何かと俺の隣に座ってくるので、少なくとも好意を持っている事は窺えた。
ムクムクと妄想が高まったが、聞けば結婚間近だという。
さらに彼女の親友によると、「千明は堅物すぎる」との事。
まぁ無理そうだし、周りの関係も壊したくないので、あくまで友達として接する事にした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

609:なまえを挿れて。:2009/08/03(月)23:45:23
ちょうど2年前(知り合ったのは4年前)
パイズリと騎乗位ネタばかりで仲の良かったネトゲのチャHフレがいた
そんなキモいことする位なんで、少なくとも俺は相手が男だと思い込んでた

俺が就職で東京に住むことになったので
記念に飯食おうって話になった
「コスプレしていくからお前もしてこい」ってことだったんだけど
さすがに冗談だと思って待ち合わせの田町駅へ

ちょうど帰宅ラッシュの19時、リーマンだらけの改札にあからさまに変な奴が立っていた
ぱつぱつのホットパンツにへそ出しの170cmくらいの長身女
モデルみたいに腰や太腿辺りのラインがくびれててマジびびった

某ゲームのキャラのコスだったんだろうけど正直全然似てないw
恐る恐る電話するとそいつが携帯を取り出してこちらに気づいた
第一声は「はじめましてー本当にリーマンだったんだねwニートだと思ってたのに」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕と妹の部屋は別々にあるのですが、同じテレビ番組やDVDを観賞するとき、
または英語の予習を手伝ったり数学等を教えたりするので、
僕の部屋で一緒に過ごすことが多いです。

昨日も僕の部屋でテレビを見ながら数学を教えていました。
長方形のこたつに、テレビを正面に僕が右に妹が左に座りました。
ちょっと薄めのピンクのジャージを着た妹が一生懸命に数学の問題に取り組んでいるときに、
ついつい妹の胸の膨らみを見てしまいます。
というのは妹のバストはGカップだからです。
すぐに胸を見ていることが妹に気付かれてしまいました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

じゃ、ちょっとしたお目汚し程度に。
必死に思い出そうとすれば結構思い出せるもんでつね。
特にエロ描写がんばりますがんばります(`・ω・´)
いろんな地名が出てきてしまって分からない方いらっしゃったら
ごめんなさいでつ。。。
話の都合上、前振りがながいんでつが、ゆるしてもらえますか?

あれは今からもう15年も前の話になるでしょうか。
当時オイラはまだ学生でした。
ある初冬の木枯らしの吹く中、
おいらはゼミ教授(おぢさん)と、ゼミの仲間数人(全部♂)で
ゼミ終了後のみに行ったんですよ。
まだ若くて元気だったあの頃。
当然一軒で足りるはずもなく関内にあるカラオケパブへ。
この教授ってのがやぁらかい人(エロ)でして、
さも当然かのようについてきたわけですな。(後々好結果を生みます)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

お世辞にも美人とは言えない義姉は23歳で結婚、26歳で離婚以来、一人でパートをしながら育てたという。
その娘も高校を卒業するや、一人暮らしをしながら会社勤めをしており、義姉は一人1ルームマンションで暮らしている。

義姉の最初の印象は、世の男性から見ると失礼だが声をかけて彼女になってもらい、デートする気持ちにはなりにくい。
しかし、私の強烈な印象は、大きな胸・・・と言っても丸く思わず触りたくなる、脱がせてみたい、そんな感じと、ローライズジーンズがよく似合い、ぴたりと身体の線を表すその線はお尻の割れ目に食い込みとても肉感的であった。
そんな義姉と思いがけず肌を交えることになったのだ。

妻が友人と5泊の旅行に行くことになり、妻の方から料理一つ出来ない私に、その間義姉の所に泊まり、食事や洗濯をお願いしてあるからとのこと。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

去年の夏に、前に付き合っていた彼女と1年振りに電車でばったり出食わした。
トントンと肩を叩かれ、少しビビりつつ横を見やると、「久しぶり」と前カノのはにかんだ笑顔。

キョドリながらも、「おう」と返すのがやっとで(久しぶりで「おう」って情けなかー)
顔もまともに見れずに、横に並んで吊革に捕まること数秒…
「…どうしたの」と顔を覗き込んでくる

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ