初体験、友人との体験、年上の女性とのおねショタ体験、人妻との不倫体験、近親相姦体験、痴漢、覗き、レイプ、乱交体験等、萌えるエッチな体験談を集めています

タグ:ヤンキー

俺は中学3年の時に転校したんだけど、転校先で虐められたくなくて、茶髪にしていかにも不良だぞって感じにして、ガム噛みながらクラスに入った。

まぁ、不良ぶってるのに縦カバンだし、眉毛もイジってなかったから今思えばよくバレなかったと不思議だけど。

そんで、普通の生徒はビビってたんだけど、やっぱり不良には目を付けられたわけで、初めての休み時間に囲まれて屋上に連れてかれた。

漫画みたく意地張っても逆にボコられるだけだし、俺はある程度強気だったけど・・・。

「いや、この学校の番を狙ってるわけじゃないからさ、仲間に入れてくんね?」

まぁ、こう言ったところで一発もやられないわけないから多少ヤられたけど、結局仲間になった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

当時の俺は24歳、大学を出て普通に就職して、
平凡で毎日代わり映えのない日々を過ごしていた。

小学校の頃から『キモい!』と面と向かって女子から罵られ虐められていた俺は、
24歳になっても年齢=彼女いない歴で、
人生生まれてから一度も彼女が出来た事がない。

人生に三度モテ期が来ると言われているが、
俺のところには一回も来たことがない。

もちろんエッチは風俗嬢としか経験が無い。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

夜に帰宅途中ゲーセンに寄りました。

少しゲームした後店を出ると、中学の同級生のヤンキーの男2人が原チャリでたむろしてました。
もう1人茶髪の中学生ぐらいのヤンキー女も1人いました。
自転車に乗ろうとした俺をヤンキーが「◯◯◯やんけぇ?ちょっとこっち来いや」と呼び付けました。
少し話をして帰ろうとしても「帰んなや、もうちょっといとけ」とか言って俺は別に何をするわけでもなく、そこに立って3人と一緒にいました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

高一の時に、同じクラスに4人組のヤンキー娘がいた。顔は綺麗な感じが2人、可愛い感じ1人、まぁまぁの1人。4人とも見るからにSのオーラ満載。

ある日の放課後、俺は友達と学食で他愛もない話をしていた。
その頃の俺は女子と話す事が苦手で、挨拶を交わす程度。顔もイケメンじゃないし、女子とは縁がないと思っていた。

ちょうど話が一区切りした時、4人組が学食に来た。俺はなるべく関わりたくないと思っていたので、友達にそろそろ帰ろうと言って、席を立とうとした。

その時4人組がこっちに近づいて来て、「○○(俺の名前)。ちょっとあたしらにつき合えよ」と言ってきた。友達は足早にその場を離れ、俺は4人に囲まれる形となった。
いつも先生達に目を付けられている4人だから、ろくでもない事になると思った。でも拒否したら、どんな事をされるか分からないとも思った。
あまり良い気はしなかったが、仕方なく4人についていく事に。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

道沿いの自販機の所でタバコ休憩してたら半ヘルを被った爆音原付スクーターの女の子が近づいてきて
「これ(ZRX1100)お兄さんの?」って声を掛けられた。
「そうだけど何?」って言ったら俺の横に座り「後に乗せてくれない?」って。
「俺、2ケツはしないんだわ。」って答えた。
「後に乗せてくれたら犯らしてあげるからどう?」って馬鹿を言うので
「お前まだガキンチョじゃん。遠慮しとくわ。もっとおっぱいが大きくなってから出直して来い。」って言った。
そしたら女の子の表情が急に変わって
「何偉そうに言ってんのよ!女から声を掛けたのに恥をかかす気。」とのたまうので
「お前馬鹿か!安売りしてんじゃねぇよ。」と言ったら
「さっきおっぱいがどうのこうのって言ってたけど、それってセクハラじゃん。」とぬかすので
「うるさいから他所へ行け。」と言ったら急に俺の右腕に抱きついてきて
「謝るから許して。ごめん。」と下から目線で可愛く言いやがる。
よ〜く顔を見ると化粧が濃いけどまあそこそこ可愛いかな。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ささやかな思い出だけど。

数年前、20代後半だったころ。仕事帰りに車であるコンビニに寄るのが日課だった。
コンビニに寄って漫画雑誌を読んで、タバコと雑誌とビール買って帰るんだけど、割とコンビニで時間を潰す事が多かった。
コンビニの前に喫煙所とベンチがあったからそこでタバコ吸いながら買った雑誌なんかを良く読んでた。
というのもその頃実家暮らしで息が詰まってたんだな。
恋人もいなかったし、ゲームもやらないし、かといってパチンコやらそういう時間を潰せる趣味も無かった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校を卒業間近のある日の午後。
『あっちゃ~~』って思うくらい下品なクルマが、俺ん家の駐車場に停まった。
その下品なクルマの助手席には悪友が座っていて、俺を見ると気持ち悪い顔でニタニタした。 
運転席には下品なクルマにふさわしい女が居た。 
後で知ったのだが女は一歳年上で、髪がキンキン、タバコ臭い、と誠に困ったねーちゃんだった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ