初体験、友人との体験、年上の女性とのおねショタ体験、人妻との不倫体験、近親相姦体験、痴漢、覗き、レイプ、乱交体験等、萌えるエッチな体験談を集めています

カテゴリ: 電車での体験

5月16日今日いつもの電車のドアより一個後ろに乗り、ドアの近くに立ったら、端っこの席に有名お嬢様学校の子が座っていた。
大好物の学校だけど、他に立ってる子もいないのでそこに居ると2つ先の駅で同じ学校の子が乗ってきて、友達らしく立っている自分とそのシートの間のすき間にこっちにお尻を擦りながら入ってきて話し始めた。髪を縦巻きロールみたいにしていて流行のな○○嬢そのもの。

キレイ系の顔もいい感じだった。最初は背中と左手がくっつく体勢だったので一駅毎にドンドン人が乗ってくるのを利用しつつ体を回転させ後ろに密着していった。

一番混む駅で二人とも話をやめ、メールをし始めたので、立っている方のスカートを徐々にまくり、フトモモの一番上に手をあてる。普通は後ろを振り返るのにメールに集中してるのかそのままの体勢でいる。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校時代の話。

中学の時、男女10人くらいの仲の良いグループに属していました。

自分は小柄で手前味噌ながら成績はトップクラスで運動音痴。

がり勉タイプではなく、いわゆる「イジラレキャラ」でした。

Aさんもそのグループの一人で、今卒アルを見るとそんなに可愛くないんですが(笑)

当時はずっと席が隣で、おそらく向こうも気が合ったと思う。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校生のころ、僕は電車通学をしていました。
田舎なので登校の時も帰宅の時もさほど混むことはありませんでしたが、秋頃のある日いつものように帰宅しようと電車に乗ると異常に電車が混んでいました。
どうやら、田舎に不釣り合いの巨大なイベント施設に某有名バンドが来るということでそこに行くための唯一の手段である、この電車がバンドのファンで埋め尽くされていました。
僕は、やっとの思いで乗りましたが新幹線が並列して止まる駅でさらに客車に人が乗り込みかなり車内が混み合いました。
もう全く身動きがとれない状況です。
ふと気がつくと僕と正対して20代前半くらいの女性が密着状態となっていました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

電車で逆痴漢されて彼女ができた
金曜日の21~22時ごろだったと思うんだが、
いつものように新宿から帰宅の電車に乗ったんだよ。
まぁ当然ながら電車はめちゃくちゃ混んでるわけで、
周りと密着型してたんだよ

んで発車してしばらくしたら揺れるポイントがあるんだけど、
そこで揺れたあと、俺のズボンの股間のあたりに手が伸びてきたんだ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝の中央線の…駅車内は混雑するというのは有名な話みたいですね。
当時のオレはそんなこと全く知らなくて、…駅の隣の××駅で朝7時半に下車した。
目的は皮膚科。季節の変わり目になると手の荒れがひどくなるんです。
手が常にヒリヒリしてて、仕事中も常にイライラする。
同僚に相談したら、××駅前の皮膚科がいいって話。
朝予約して、夕方に会社を抜け出して診察してもらう計画を立てた。

無事、病院で受付を終え(この時点で30人近くの診察待ち)8時ちょい過ぎに××駅の上りホームに戻るとすげぇ人だかり。
階段もドミノ倒しが起きることを考えると怖いくらい。
なんだこれ!?これがデフォなの?と思いつつも
ホームに入り、とりあえず列が一番短いところに並んでみる。学生がけっこう多いなと、ふと思った。
階段付近は込み合うから空いてるドアから乗車してくださいとアナウンスが流れる。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ童貞の高1の夏、電車通学していたときの事。
いつも乗る電車は身動きがほとんど出来ないほど満員になる。まさにギュウギュウ詰め。
人に押されて手が女性のお尻に当たったりしてチカンに間違えられそうになったりするので
いつも両手でつり革を持ってて、女性と向かい合わせにならないように横に向くようにしていた。
急行で乗車から下車まで約12分間ずっと同じ姿勢でいなければいけなかった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

高3の時、委員会でインターハイの開会式を見に行くためだったかで、俺を含めた生徒3人と顧問の女教師(40過ぎ)とで、会場の県庁所在地まで行く事になったんだよ。

でも他の二人は当日ずる休みしやがった。
それで仕方なく俺と顧問の女教師と二人で行く事になったんだ。
電車で行ったんだけど、朝だったのか物凄く混んでいて、俺は女教師の後ろに立ってたんだけど、女教師のヒップが俺の股間にピッタリ当たっていて、電車も揺れるんでだんだんチンコが立ってきてしまったんだ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

俺が大学に合格したときのこと
俺と妹は特別仲がよかったわけじゃないけど、悪くもない
妹は俺と違って優等生とまではいかないものの、真面目で学校の先生の評判もそう悪いほうではなかったらしい
俺の前では結構世話の焼ける妹だったんだ
CDが欲しいたら遊びに来ていく服が欲しいたら言うんで、俺が親に嘘ついて小遣いせびったり
合格発表の日、俺は一人で行こうと思ってたんだが、妹は一緒に行きたい、と言い出して、ついてきた
大学へは電車で40分ほど、乗り換え無し
休みだというのに電車はかなり混雑していた、すし詰めとまではいかないものの、俺と妹の体は密着してしまう程
当時妹は高校1年生だったんだが、もう成長は止まっていたのか、身長が150cmなかった(結局今でも155ぐらいしかない)
俺は180越えていたから、向かい合って密着すると妹の顔は俺の胸にうずまる格好になる
この時まで、妹とこんな格好になることなんてなかったから、正直どきどきだった

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

部署の飲み会があり飲み会が終わったあと、
帰る方向が同じだからと2つ年上のSさんという女の人とほろ酔いで
駅に向かっていた。
Sさんはスレンダーで顔は森高千里のようなひとだ。
駅に着いたら、ホームはすごい数の人でごった返していた。
人身事故か何かで電車が大幅に遅れているらしい。
2本の電車を人が多すぎて乗り過ごしたが、かなり時間も
遅かったので3本目にSさんと乗ることにした。これも超満員。
何とか電車に乗ることができたが、窒息死するのではないかというくらい
の混みようだった。

押されながら乗ったのだが、Sさんと真正面で体が密着したまますごい圧迫で動けない。
Sさんは僕の肩にあごをのせるような格好になっていて、Sさんの髪が
僕の顔の左側でくっつき、何かいい匂いもする。
春だったがその日暖かくてSさんがわりと薄着だったこともあり、
この状況に興奮してしまい、勃起してしまった。
ちょうど、Sさんのお腹のあたりに押し付けるような感じだ。
混みすぎてずらすことすらできなかった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

高2の年末に引っ越しをしました。

通学の電車も変わってしまって、毎朝酷い満員電車に乗るハメになりました。

地獄が始まったのは3学期が始まった日です。

電車に乗ろうとしても、駅員が押し込んでくれないと乗れないんですから。

しかも乗ってから次の駅でまた人が押し込まれるんです。

池袋までの数十分でしたが、本当に毎日が地獄でした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ