淳子と別れて早6年。未だに忘れられない。
俺自身も淳子も別のやつと結婚したが。淳子とは今もメールは続いている。
元カノ・淳子と付き合った期間は5年。
その間オレは浮気しまくってバレては泣かれてた。
あんまし可愛くなかったしちょっとぽっちゃりめだったんだよね。
それが三度目の浮気がバレた時から少しずつ変わっていった。淳子とは元々はノーマルなセックスのみで、たまにコスプレさせる程度。

ブルマとか制服系とか。あとパンティ好きだったのでいろんな下着着せてた。

オレ思いの良い彼女だった。彼女は浮気とかなし。
ところがオレの三度目の浮気がばれてから、どんどん痩せてキレ
イになっていった。

オレは元々複数プレイの願望があって、淳子と付き合う前に多
少経験があった。セックスのたびにその願望も淳子には伝えて
いた。
淳子はオレのその願望を彼女が受け入れないから浮気するもん
だと思ったらしい。

だが、淳子は見た目に自信がなかったので、他人とするとかそ
んなの不可能だと言っていた。

それがどんどん痩せて、元々ダイナマイト系ボディが本当にナイ
スバディになっちまった。髪型なんかもいろいろ考えて、服装も
セクシー系にかわっていった。

当時のスペック
オレ:26歳ニート
彼女:27歳某銀行OL48キロ90-62-90(←痩せてからな)

当時のオレは彼女の気持ちなど何も考えてなかった。
ただ「お?キレイになったじゃん。複数プレイしよーぜ」ばっか
りだった。

そしたら淳子「うん。そんなにいうなら・・・」って。
超嬉しかったね。その日のセックスはすぐ逝ったのを覚えている。

オレはネットで単独男性を探した。巨根と若いのを条件に探した。
相手はわりと簡単にみつかった。某有名バイクメーカーの営業く
んだ。

写真でみるチンコは素晴らしくでかい。オレは一発で彼に決めた。
淳子にも説明し池袋で会うことになったんだ。

もうドキドキ。淳子には一番お気に入りのオレンジのTバックを
履かせ、ミニスカートを装着させた。駅チカなカラオケ屋前で待
ち合わせした。すると、時間通りになかなかイケメンな男が声を
かけてきた。

営業くんとカラオケ店に入店しいろいろと話す。最悪、彼女気が
乗らなかったらそこでバイバイするのも約束していた。彼は営業
スキルを生かして彼女と仲良く話すことに成功。彼女自身も「彼
は悪い人じゃないね」と言っていた。

オレが撫で回すのを営業くんに見せつける。彼女も緊張しつつ、
営業くんにみられているのを感じながら少しずつ脚を開いてパン
ティをみせる。
営業くんはスカートの中を凝視する。
目を閉じる彼女に「ちゃんと彼をみて」というオレ。

いわゆるM字開脚でパンティを見せつける。
彼の視線に淳子は少し緊張から震えながらもモジモジと脚を開く。
オレは彼女のおまんこをパンティの上から撫でた。
するとTバックはもう濡れ濡れ。ここでイケルと思った。

いったん営業くんをトイレに行かせ、淳子と話す。
このままラブホにいかないか、と。
彼女は「ええ?」と言いながら拒否る。
でもオレはパンティの上からあそこを撫で回し「こんなに濡れ
てるよ?」と。もう一度「ホテルいこっか?」の言葉にうなずく淳子。

通常の1.5倍の代金をホテルに営業くんが支払う。
そして入室。全員緊張。

しょうもない世間話をしながらテレビをエロちゃんねるに。
大音量で響く淳子のあえぎ声。非日常な空気。

まずは彼女と僕でシャワー。前もって聞いていた営業くんの好み
に合わせミニチャイナに変身させる。
営業くんはその姿に興奮。しかしまずはシャワーを浴びさせる。

その間に彼女と長いキス。
「これから他の男に抱かれるんだよ?」
「ちんこ大きいよ?」
と言葉責め。ガンガン濡れる淳子。
シャワーから営業くんが戻ってくる。
淳子は既にベッドの上。

彼女をキングサイズのベッドの真ん中に横になってもらい
両サイドにオレと営業くん。営業くんと僕はパンツのみ。
淳子はミニチャイナ。

緊張して強張る淳子の両サイドから、ミニチャイナの上からと
はいえオッパイを二人で撫で始める。
目を強くつぶる淳子。相当緊張。
そして営業くんのちんこをパンツの上から撫でるように指示。
言葉通り、しかし相当ビビりながら営業くんの方に手を伸ばす元
カノ。
オレを見つめながら営業くんのちんこに手が到達。
「勃起してる?」と聞くオレ。
「おっきい。。」と淳子。

優しくチャイナの上から胸を揉むのを止め、いったんオレはベッ
ドから離脱。
すげえ勃起してるオレ。

そのままカメラを持ち、ミニチャイナのまま見知らぬ男のちんこ
を撫でる淳子を激写。

そこで我慢できなくなった営業くんが淳子にキス。淳子は腰
を浮かせつつ、彼のキスを受け入れる。舌が入っていく瞬間を真
横で見ながら、受け入れていく淳子に相当オレは興奮した。
よく逝かなかった。

長いキスをされた淳子はボーッとしていた。つまりこの状況に
かなり興奮してる様子。

オレと営業くんはパンツを脱ぐ。しかし本当にデカイ。
ゆうに20センチ越え。

オレのが本当に粗末に見える。淳子も営業くんのちんこを凝視
している。そのまま両サイドに男二人が仁王立ち。彼女に正座さ
せ、まずは両方のちんこをしごかせる。

営業くんのデカいそれをくわえるように指示。彼女は僕のちんこ
を強く握りつつ営業くんのちんこに唇を寄せる。入り切らない程
のデカさ。

オレはその瞬間の写真を激写。オレのちんこを握らながら、巨根
をくわえる淳子。

オレは彼女にフェラを続けさせつつミニチャイナを脱がしにか
かる。

営業くんはその姿に興奮。ますます固くなる。
うぐっうぐっという今までに聞いたことのない声をあげながらくわえる淳子。

パンティ一枚にしたところで一度フェラを中断。
営業くんに淳子を好きに触ってもらう。
おっぱいを愛撫したりおまnこをいじったりパンティを脱が
せたり。。。

オレは違うちんこをくわえた彼女にむしゃぶりつくようにキス。
違う匂いのする口の中に無性に興奮。
彼女は’おまnこに指を入れられながらお漏らし。
それでももう恥ずかしがることもなく激しい喘ぎ声を出し続け
オレとキス。

「彼のがほしいか?おまnこにほしいか?」の質問に
「ほじいい。。いれてほじいいい。」
と唾まみれの口で叫ぶ淳子。

オレのをくわえさせつつ営業くんに挿入を指示。

淳子のあそこからは白く濁った愛液がアナルの方まで垂れてい
た。太い営業くんのちんこがめり込むようにパイパンまnこに入っ
ていく。それをビデオに収めつつ、少し離れて眺める。

淳子は見たこともないような腰使いで彼のちんこを受け入れて
いく。痛がるそぶりもない。ぴちゃぴちゃと物凄い愛液の音。何
度か強めのストロークで完全に淳子は逝った。オレのと違うち
nぽで。。。

その後も自ら欲しがり「もっともっといれて」と懇願している。
オレはそこまで興奮し感じる彼女を見て本気で嫉妬した。

テンションが下がるくらい嫉妬しているオレ。
しかし彼女の興奮は冷めない。

オレは彼女が営業くんの上にまたがって腰を振る姿をひたすら撮
影する。淳子はオレに視線を向けながら何度も巨根で果てる。

最後は正常位から声が出なくなるまで突かれ失禁しながら彼
のせーしを腹に掛けられて終了。
淳子はそのせーしを指でいじりながら膝をガクガクさせていた。

その日はそれで終わりオレと淳子は同棲する部屋へ。
興奮収まらないオレはそのまま淳子を押し倒し今日の事を聞
きながらセックス。

彼女は普段はMというか大人しい受身のセックスなのに帰ってき
てからのセックスは全然ちがった。
なんというかオレを下にみていて見下す感じ。
興奮して話しを聞くオレをバカにしてる感じというか。

オレはそんな彼女にますます興奮してしまい淳子を逝かせる
こともなくすぐに果ててしまった。淳子はそんなオレのちんこ
を掃除フェラしながら気持よかった?と聞いてきた。そんとき
のすごくSっぽい目付き。。

そうやってオレたちの本当のセックスは始まったんだ

それから月一程度で営業くんと3Pを楽しむようになった。