ここに来る皆さんはH画像を見た事があると思います。

そういった中でも色々な体位で挿入している画像もあったと思います。

バックや騎乗位などの中で私は正常位が一番興奮します。

男が女の両足の間に入り、その男の腰が女の恥ずかしい部分に密着し、女の太ももが男を挟んであえいでいるのを見るのが好きです。

一種のフェチなんでしょうか。

特にあえいでいる女性を妻に置き換えてみて想像するのがもっとも興奮しています。

しかし、過去に私も一度、妻とのSEXの最中にカメラを使おうとして強烈に拒絶され、それ以来悶々と過ごし、オナニーで静める毎日が続いていました。
どうしても、妻のSEXしている姿を見てみたい。

それも正常位であえいでいる姿を撮影したい。

その欲望は日に日に高まるばかりでした。

そんな欲求が高まるにつれ、SEXしている相手は自分でなくてもよくなってきてしまいました。

そんな悶々とした日常を過ごしている中で、ある事を思いつきました。

それはインターネットで女性専用性感マッサージのサイトを見たのが始まりでした。

妻にそれをやらせてみたい、そして、SEXまでもと、そういった思いが日に日に募っていきました。

しかし、妻にどうやって、本当の事を言うと絶対拒否するだろう、そこで妻には悪いがだましてやって見ようと思い、それを実際に実行した経験です。
幸い地方都市に住んでいるので、妻に、たまには都会のホテルに行って旅行でもしないかと前々から吹き込んでいきました。

実際、妻が行く気になってきたところで、子供を祖父母たちに預け、自分達だけで旅行の計画を立てました。

前もってマッサージ師の方には連絡をとっておき、妻が不感症でと告げ、この事、性感マッサージである事は知らない事も告げました。

マッサージ師の方は全て了解してもらい、妻には、有名ホテルを予約しておくよと言い安心させて置きましたが、実際は、予約などしなかったのです。

そして、旅行の日がきて、私達夫婦は旅立ちました。

見た事も無いビルと人込みの中を観光し、妻は疲れていきました。

そしてホテルへと向かう段階で、妻に予約していなかったと告げました。

妻は怒っていましたが、もう帰るには遅い時間のため、急遽泊まる所を捜さなければならないと言いました。

そして、あらかじめ目星を付けておいたシティーホテル(ラブホテルの上級版)にチェックインしました。
実際、シティーホテルはこぎれいで、そんなにギラギラした感じがなく、妻もいい感じねとまんざらでも無い様子でした。

ホテルから食事も取れる様で、そんな所も気に入った様子でした。

しかし、やることはやるホテルなので、そういった装備はちゃんとあっておもちゃの自動販売機などがおいてあるところが普通のホテルと違うところなんです。
妻に「今日はごめんね、予約されていなくて」と詫びつつ、「疲れたろう」と足を揉み始めました。
そして、おもむろに「このホテルはマッサージのサービスがあるみたいだよ」なにげに言いました。
「俺も疲れたし、呼んで見ようか」と言うと、「えーっ、高いんじゃないの」と言いますがダメとは言ってません。
そこで、「じゃー呼んでみるね」と電話機をとり、フロントに電話しました。

そこは、あらかじめマッサージ師の方が良く使うホテルなので全てわかっており、そのマッサージ師の方に連絡を取ってもらいました。
妻には「ちょっとしたら来るそうだよ」と言い、「先にシャワーでも浴びたら」と促してシャワーを浴びに行かせました。
しばらくするとそのマッサージ師がやってきました。

扉をノックする音が聞こえ、私が対応に出ると中年の男の人が立っていました。

柔らかな物腰で、私が今日の目的を告げました。

性感マッサージをやるのですが、夫婦での利用もあるそうで、夫婦の刺激として奥さんをマッサージした後旦那さんがSEXに入るそうです。

女性単独の場合は、性感マッサージで高めてから、バイブでいかせたりしているそうなのですが、私は、妻のSEXしている姿を見てみたいと言う欲望があったので、よければそのままやってしまってもかまいませんと告げました。

妻が、シャワーから出てくるとすでにマッサージ師の方が私を揉んでいる形にして、後は、妻と交代という手筈を付けました。

そこでおもむろに妻に「気持ちいいからやってもらったら」と言いました。

妻は疑いもせずにベッドに横になりました。
そして、自分は「シャワーを浴びるね」と言い、部屋から出ました。
シャワーを浴び、そして、シャワーを出したままにして、妻とマッサージ師がいる部屋をそっと覗きに行きました。

既に妻は、マッサージ師のテクにはまり、すでにうつ伏せの状態でパンティーだけになっていました。

急いで、デジカメを取り出しストロボと音が出ない様にセットしました。

クルッと仰向けにされた妻の顔は上気していて息が上がっているようです。

マッサージ師は、妻の乳房を何か言いながらもみしだいていました。

指を乳首に触れるかどうかという感じ弄っています。
「あっ、うっ」と妻はこらえきれない声を漏らしています。
太ももの方に移動すると足を広げさせ、つつっと内側を優しく触っています。

妻は、足を閉じようとしていますが、間にマッサージ師がいて閉じる事が出来ません。
再び、妻をうつ伏せにして、「奥さん腰を揉みますので」といいパンティーに手をかけると、なんと妻は、自ら腰を浮かして、パンティーを脱がす手伝いをしました。
ぐっぐっと妻のお尻を揉んでいるとクチャクチャと言う音が聞こえます。

足を広げさせてその間に入り、太ももから撫ぜるようにアナル付近までいくと、妻は「ああっ」思わず声を上げました。

妻に感づかれない様に後ろからそっと覗くと、マッサージ師の手は妻の陰毛をかき分けていて、もう一つの手は、アナルを弄っていました。

そんな様子を見て、腰に巻いたバスタオルの下の物が勃起し始めました。
「奥さん今度は前をやりますので」といい、妻を仰向けにしました。
そして脇においてあったローションを手に取り、妻の体に塗り付けて行きます。

ローションが光を反射して、妻の体が嫌らしく光っています。

ぬるぬると乳房を揉み、その度に妻は「うっうっ」とあえいでいます。

マッサージ師の手が下に行くに従い、妻の足はひとりでに開いていきました。

既にそこの部分はローションでは無い別の液体が溢れているのが見えました。
マッサージ師の方が「暑いので私も脱いでいいですか」と言うと、妻はウンと頷き、再び目を瞑って余韻に浸っています。
シャツとズボンを脱いでトランクスだけになった後、私から見えなかったのですが妻の両足の間に入り、手をゴソゴソと動かしている様子が見えます。

既にそこに指を挿入している様で、クチャクチャと音が聞こえます。

腕が動くたびに妻が「あっあっ」とあえぎ、シーツを掴んでいます。

妻の気分が高まったと思われる頃、「奥さんどうしますか」囁きました。

そして、妻の手を握ってトランクスに当てました。

妻は、トランクスの上からマッサージ師の物を握り、さすり始めました。

トランクスの脇から手を入れさせると宝物を見つけたかの様な激しい動きがトランクスの上からもわかりました。
その様子をデジカメで撮影しながら、そっと妻に近づいてキスをしました。

妻はすぐに吸いついてきて、目を開けました。

目の前に私がいるのをみて、手を離そうとしたのを私が押しとどめ、「気持ちよかったんだろ」と言うとウンと頷いています。
「このまま続けてもらおうか」というと恥ずかしいそうに目をつぶりました。
私が「お願いします」と言うと、マッサージ師の方は妻のあそこのひだをかき分けクリを剥きました。
「ひぃー」と言う絶叫が聞こえ、腰を突き出しました。
あそこはすでに大洪水で、シーツはベトベトになっています。
妻に「どうする、欲しいのか」と言うとウンと言うので、「じゃー入れてもらいなさい、その前に脱いでもらうから手伝って上げなさい」と言い妻を起こしました。
マッサージ師の物はトランクス中で勃起していて、それを妻が急いで脱がしていますが、引っかかってなかなか脱げ無かったのですが、どうにか脱がすとそこにはいきり立った物が明るい所に露出されました。

再び妻は仰向けになると足をくの字に曲げ開脚しました。
「よろしいんですか、ご主人」と言うので、うんと頷きました。
ゴムを装着すると妻の太ももの間にはいり、いきり立った物を陰毛になすり付けています。

妻はたまらなくなったのか、手でその物を握って、自分のあそこの穴に導き入れてしまいました。

ぐぐっとマッサージ師の体が妻の上に覆いかぶさると「あっあぁー」となんとも言えない可愛い声が出ました。

すかさず私はそのシーンをデジカメに激写しました。

ぐっぐっと抽送を繰り返すとその度にグチュグチュと言う音と、妻のあえぎ声が聞こえます。

大きな男の体に押しつぶされそうになりながら、妻の長い足は、マッサージ師の腰をがっちりと押さえ込んでいます。

妻の乳房は、その男の胸に揉まれ、乳首どおしがこすれあっているのが見えました。

相変わらずデジカメで撮影していたのですが、そんな様子を見て、たまらなくなり、腰に巻いていたバスタオルをとり、勃起した自分のものを激しく擦ってオナニーをしてしまいました。

前から見ると男の陰毛と妻の陰毛が絡み合っていて、その奥は見えません。
しかし、確実に妻のあそこに、男の物が刺さっています。

後ろに廻ると妻の愛液でベトベトの男の物が妻の穴に出たり入ったりしています。

片手で撮影しつつ、もう一方の手でオナニーをしました。

妻が男の背中に手を回しキスをねだってくると、私の事など気にならないかのようにジュバジュバと音を立ててディープキスを始めました。

そういうシーンも撮影しながらオナニーをしていると限界が近づいてきました。

しごきながらキスをしている妻の顔に自分の物を近づけていくとマッサージ師の方は妻の顔から離れました。

妻は私の物を口に含んで吸い立ててきます。

マッサージ師は腰に廻っている妻の足を持ち、高くかかげ、抱え込んで激しく腰を打ち込んできます。

パンパンという音が聞こえ、その度に妻は、私の物を含みながら「うっうっ」と言っています。

あっと言う感じで妻の口に大量の精液を放出してしまいました。

男の抽送に合わせて揺さぶられている妻は私の物を飲んでいます。

激しく男に突かれながら、私の物を飲んでくれる妻が愛おしく思えてきました。
しばらくするとそちらの方も限界が近づいてきたようで、抱え込んでいる足を再び広げると腰をいっそう奥に差し込んできました。

妻は、その男の腰に再び足を巻き付けて腰を引かせないようにしています。

その時、男が奥に突きたてると「うっ」といい、逝ったのがわかりました。

妻は、その男の腰を太ももで何度かはさむ様にしています。

まるで精液を搾り取っているようです。
一段落して、妻から離れると、マッサージ師の物の先には、いま出したばかりの精液が入ったゴムがついていました。
私は、「どうもこんなお願いをしてしまって、妻もだいぶ感じていたようです」といい、妻にそれを取ってあげなさいと言いました。

妻は、ゴムを取りテッシュで拭こうとしたので、「違うよ、口でだよ」と言いました。
妻は、それを口に含み、きれいに舐め取っていきました。
その後、身支度を整えたマッサージ師に料金を払い、帰った後、先程の撮影した画像を見ながら、再び妻とSEXをしました。

結局その夜は、ほとんど寝ずにSEXしていたため、翌日の観光を早々に切り上げて家に帰りました。

後日あの写真を印刷して、SEXやオナニーのおかずにしています。
これを機会にスワッピングとかの世界に入ろうかとまた計画しています。