僕は今大学1年生です。
僕には幼馴染がおり、名前をMとします。
家が隣同士で、小・中・高とずっと一緒だったのですが、大学は違う学校に進学しました。
でも、お互い大学に近いマンションに引っ越していました。
そして、夏に偶然会いました。
久しぶりに会ったので、話したい事とかが沢山あり、
「今日ウチ泊まってく~」
と聞くと、
「うん!お泊まりする~」
という返事でした。
僕のマンションに2人で帰り、まずは僕が風呂に入っていました。
湯船に浸かっていると、ガチャッと音がしたと思ったらMが入ってきていました。
「うわー!広ーい」「おい!何で入ってきてんだよ!」
「いーじゃん別に~昔からいつも一緒に入ってたでしょ~」
それは小学校低学年の頃なのだが…改めてMの体を見ると、女らしくなったなぁと思った。
おっぱいはまた一段と大きくなってるし、腹は引き締まり、尻はボンっと大きい。
僕が湯船から出て体を洗おうとすると、Mも湯船出て、
「私も手伝ってあげる~」
そう言いながら、僕からタオルを奪い取り、体全身を洗ってくれた。
時折触れる乳首や陰毛、ぐにゅうと押し潰れるおっぱいで、僕の股間は膨張してしまっていた。
僕の体を洗い終わると
「洗ってあげたんだから、私の体洗ってよ!」
と言い出した。
僕はしょうがなく洗い始めた。
おっぱいを洗いながら質問をしてみた。
「胸大きいな。何カップ~」
「え~とGかな~」
ゴシゴシと洗うと僕に聞こえないように
「んっ」
と声を漏らしていた。
そうしているうちに乳首は上を向いていた。
それを指でグイッとつねった。
「あぅ!」
「すまん。どうかしたか~」
「先はこそばいから止めてよね!」
この子天然というか純粋というか…何も知らないんだなと思った。
次は股間だ。
「そこぐらい私がするよ~」
と言っていたが、強引に僕が洗う事にした。
アソコの毛はボーボーだったので、多分処理していないのだろう。
割れ目を開けると異臭がした。
「うっ」
「ごめん!やっぱり臭いよね。私が洗うよ!」
「いや全然大丈夫だよ」
見てみると膣からは愛液が出ていた。
クリトリスを見つけ、皮を剥く。
「あ…お股が何かジーンってする…」
愛液を指に付け、クリトリスをつん、と弾くと
「あはぁっ!!!!」
と言って失神してしまった。
敏感だったようだ。
その後、気を失っているMを犯しました。