1週間ほど前の出来事です

昼の3時ごろ川沿いを歩いていると、女子高生らしい女の子が二人、ベンチでタ
バコを吸っていました、私がその前を通りすぎるとき、そのうちの一人のパン
ティーが丸見えなのに気が着きついその子のほうを見てしまいました。丸見えの子はシートカットで、まあまあかわいく少し子柄ですもう一人の
子は、セミロングで少しウエーブをかけ、少しぽっちゃりタイプこちらの子の
ほうがかわいいです、二人とも茶髪で、頭は悪そうです。


そのときパンティーが見えてない方の子が声をかけてきました

みゆき>ねえおにいさん援助してよ
俺>え!

となりの女の子を指差して
みゆき>この子三つで買って中三よ
俺>どうしようかな~きみも中三
みゆき>私は高一私も三おにいさんの気に入ったほうでいいから
俺>どうしようかな~一人三万か~
みゆき>ふたりだったら五
俺>ふたりはいいよそんなに体力ないから
みゆき>よく言うよじゃあこの子二でいいよサービスさすから

セミロングの方が指導権があるらしく、ショートカットの方は子分みたいです、
子分のほうは相変わらずパンティーを見せながらニコニコしています。
みゆき>変態行為以外だったらなんでもいうこと聞くから好きにしていいよ

私はもうその子を買うつもりでいましたが保険のつもりで
俺>じゃここでちょとフェラチオしてじょうずだったらOK

みゆき>あ!いいよここに座って
私が二人の間に腰掛けると私の股間を触りながら
みゆき>さちはやくしなさいよと言いました
さちと呼ばれた子は
さち>あ!うん
と言うと
私のGパンのチャクを下げチンポを取り出し汗の匂いのするチンポをしゃぶり
だしました、2.3分位たつと
みゆき>ねえどおとセミロングの子が話しかけました

私は財布から二万円を取り出しセミロングの子に渡しました
セミロングの子は
みゆき>ありがとうわたしもしゃぶったげようか

と言うとかわりに私の股間に顔をうずめ尺八を初めましたテクニックはこの子
のほうが上手です私はそのままさちちゃんとディープキスを初めました、
私はこの時点で射精をしようと思いましたが、やはり本番のほうがいいので
俺>じゃいこうか
とさちちゃんに言いセミロングの子の顔を上げさせ今度
はその子とキスをしました、この子は私のチンポを握りながら舌をからめてきます
私はこの子のほうが気に入ったので彼女にもう一万円を渡し
俺>きみじょうずだねきみの名前はもうすこし、しゃぶってて
みゆき>あいいよわたしもいこうかな~まっててもたいくつだし~
おにいさん私も行くふたりで三万でいいからわたし、みゆき
私達は三人でそばのラブホテルに入りました

私の気に入った子はみゆきちゃんもう一人はさちちゃんと名乗りました
みゆき>さちお風呂入れてって
さち>は~い
あいかわらずみゆきちゃんがリードをとっています

さちちゃんがお風呂の用意をしているあいだに、私とみゆきちゃんはディープ
キスを初めました、さちちゃんが戻ってくると私達のよこで裸になり初めました
さちちゃんの身体は乳は小さめ、乳首も小さいです、オメコの毛も少なくヒダ
ヒダが少し見えています、やはり中学生らしく少女っぽいです

みゆきちゃんも裸になり初め
みゆき>さちおにいちゃんをぬがしたげて
と言いました

さちちゃんは
さち>あうん
と言って私の服をぬがしてくれました

みゆきちゃんは全裸になるとトイレに入りました、このホテルはトイレとお
風呂はガラス張りでみゆきちゃんの放尿シーンが丸見えです。

私が全部脱ぐと私はさちちゃんの頭を押さえチンポの所にもっていきました、
さちちゃんは、フェラチオを求めているのがわかったらしく、私のチンポをし
ゃぶり初めました
私はベットに座りさちちゃんにフェラチオをさせながらみゆきちゃんの身体
を観察しました
みゆきちゃんは服をぬぐとあまり太くなくナイスバディです乳はDカップ位
オメコの毛はこの子も薄くヒダヒダが見え隠れします、ただ乳首は大きく黒っ
ぽいです

俺>みゆきちゃんこっちにおいで

私はみゆきちゃんを横に呼び寄せみゆきちゃんの乳首を舌で転がしました、そ
してオメコを触りました、みゆきちやんは私の前に立ったままオメコをさわ
らしてくれてますみゆきちゃんのオメコは黒っぽくヒダヒダが大きいです、
たぶん売春のしすぎだと思います、でも愛液は臭くなく適度に濡れています、
私がオメコを舐めようとすると

みゆき>おにいちゃんお風呂入ってから汗かいてるからくさいよ
俺>そんなことないよいい匂い
みゆき>ヤダ~はずかしい~さっきおしっこもしたし

さちちゃんはあいかわらずフェラチオをしたままです

私はとりあえずさちちゃんを寝かせ、今度はさちちゃんのオメコを観察しまし
た、さちちゃんのオメコはまだピンク色でとても美味しそうです、この子の愛
液は白くとても多いです、そして少し匂います、
私はとりあえず、さちちゃんのオメコにチンポを入れました、さちちゃんは
さち>あ!あ!
とかわいく鳴き初めました、さちちゃんのオメコはとてもよく
しまり、気持ちいいです、やはり少女のオメコです。
そして5分くらい楽しんでから三人でお風呂に入りました、お風呂では二人が
交代でマット洗いやオメコや乳で身体全体を洗ってくれました、この二人のテ
クニックは歳に似合わずとても上手です、そしてさちちゃんがトイレに行こう
としたので、
私が
俺>ここでして
と言うといやいやオメコ丸見えの放尿シーンを見せてくれました。

私達は風呂場で楽しんでからベットで話し初めました
俺>いつごろから援助交際してるの
みゆき>私は中一から最初はデートだけだったんだけどさちは最近だけど
さち>うんみゆきちゃんにさそわれてから
みゆき>さちてねえ最初から興奮してるのよ
さち>だって~
みゆき>おにいちゃんいくつ
俺>三十三歳
みゆき>若く見えるねえおにいちゃんフェラチオ好きでしょう
俺>ああ好きだよ

そう言うとみゆきちゃんは、私のチンポをしゃぶり初めました最初は裏筋を、
舌をつかって舐め回しそして今度はカリのあたりを舌で包こむように舐めてく
れます、金玉を舐めるときは右手でやさしくチンポをさすり舌で玉の裏を舐め
回してくれます、そして時々喉の奥深くまでチンポを含んだりしてくれます、
ヘルスの女顔負けのテクニックです。
そして私はさちちゃんを、四つんばいにし、まず後ろから丸見えのおしりの穴
を舐めました、そしてオメコに指を二本入れ、かき回しましたやはり締まり
がよく指を締め付けてきます
みゆきちゃんは、私の上にまたがり女性上位でオメコにチンポを入れてきまし
た、みゆきちゃんのオメコは、さちちゃんより締まりが悪いが、まあまあ普通
くらいでした。

みゆき>おにいちゃんきもちいい?
俺>ああきもちいいよみゆきちゃんは
みゆき>わたしもおにいちゃん中出ししちゃだめよ
俺>だいじょうぶさちちゃんこっちおいで
私はさちちゃんを横に呼び寄せキスをしながらさちちゃんのオメコや乳、おし
りの穴までいじくりまくりました、私はさちちゃんのおしりの穴に左手の人さ
し指を根元まで入れました。
さち>あ痛いおにいちゃんだめ~

それでも私はおしりの穴を刺激するとさちちゃんは感じてきたのかかわい
い声で鳴き初めました
みゆきちゃんはかなり感じてきたのか大きな声で鳴いていますそして
みゆき>あ!いく~いく~あ~~
と言って腰の動きを止め私に抱きついてきました

みゆきちゃんのオメコの内側はピクピクとまだ動いています
俺>みゆきちゃんいったのよかった
みゆき>うんよかったこんなのはじめて

私は、みゆきちゃんと一旦離れ今度はさちちゃんのオメコに後ろから挿入し
ました、やはりさちちゃんの方がよく締まります、みゆきちゃんとはディープ
キスをしながらさちちゃんとのセックスはとても感じます、私は膝でたちワン
ワンスタイルのさちちゃんとセックスをし横に立っているみゆきちゃんの乳を
しゃぶりながら右手でオメコとクリトリスをいじくり、左手でおしりの穴をさ
わっているという格好です、二人ともかわいい声で鳴いています。
私はさちちゃんのおしりの穴にチンポを入れたくなりさちちゃんのオメコから
チンポを抜き、おしりの穴を触りながら
俺>ここに入れるよ
と言いおしりの穴におもっきり挿入しました
さち>あ~痛いあ~~痛い

私はそれでも激しくつきつづけました、こっちの穴はオメコより良く締まりま
すそしてオメコの穴には右手の指を二本入れかき回しました。
みゆき>おにいちゃんおしりが好きね
俺>たまには違う穴もいいよ
みゆき>あははは!!さちきもちいい
さち>いたいでもへんなかんじ
みゆき>おにいちゃんわたしも入れて

みゆきちゃんはワンワンスタイルになりさちちゃんの横に手をつきました、私
はさちちゃんからチンポを抜きみゆきちやんのおしりの穴に入れ直しました

みゆき>いたいいたいあ~だめだめ

みゆきちやんは、おしりをひきベットに座り込みました、そして私のチンポを握り
みゆき>こんなの入らないよ~
と言いましたそして
みゆき>おにいちゃんのおしり刺激したげようか
と言うと私を寝かせ両足を持ち上げておしりの穴を舐めてくれました、さち
ちゃんはシックスナインのかっこうでチンポを舐めてくれてます、
5分くらい楽しむと、私はいきそうになり
俺>あいくよ
と言うと
さちちゃんはチンポをくわえたまま、コックとうなずきましたので、私はさち
ちゃんの口の中に精液を射精しました、さちちゃんはティシュの中に精液を吐き出し
さち>いっぱいたくさん出たよ溜まってたの
俺>3Pは刺激が強いよ
みゆき>おにいちゃんまだ元気よ
と言ってわたしのチンポをしごいています

私のチンポはまだ元気だったので、私はみゆきちゃんを寝かせ正常位でセック
スを初めました、二回目なのでまだまだいきそうにありません、さちちゃんは
指で私のおしりの穴を刺激してくれてます、10分位、みゆきちゃんのオメコで
楽しんだあと今度はさちちゃんを寝かせ正常位でさちちゃんに挿入しました、
やはり、さちちゃんのオメコは締まりがよくすぐにいきそうになったので
俺>中出ししていい
さち>え~
みゆき>さちいいじゃない今日、安全日でしょ生理終わったところじゃない
さち>うん
俺>いくよ
そう言うと私はさちちゃんの身体の中に二回目の精液を射精しました

私はこの日、二回ともさちちゃんの身体で射精しました

私達がこのホテルに入ってもう2時間も発っていました、私達は三人でお風呂に
入り、私はまた二人に気持ち良く身体を洗ってもらいました。
私達は、お風呂から出、服を着てしゃべりました
みゆき>おにいちゃんタフね
俺>二人が良かったから
みゆき>おにいちゃんベル番言っとく連絡ちょうだい
俺>うん夜は何時までいいの昼は学校いってるんだろう
みゆき>何時でもいいよ一応学校いってるけど今度はタダでいいから

私は二人のベル番を教えてもらいそのホテルを出ました、別れるときにはまた
人気のないところで二人交互にディープキスとフェラチオをしてくれました。
その日私は女の子二人に三万円ホテル代九千五百円の出費でしたが久し
ぶりにかなり楽しめました、この二人は時々私をタダか多くても一人、一万円で気持ちよくさしてくれます